Trapster

Android用Trapster

交通違反の取り締まりやスピードカメラの設置場所を地図上に表示してくれるアプリ 参考にして安全運転を心がけよう

Trapster(トラップスター)は、交通違反の取り締まりを行っている場所やスピードカメラが設置されている箇所を地図上に表示してくれるアプリです。GPS機能による現在地周辺の地図とユーザーにより投稿された各種取り締まりポイントを手軽に確認できます。スクールゾーンや事故の多い交差点などの情報も表示されるので、慣れない道を運転する際にも大変参考になります。運転前にルート上の注意すべきポイントをチェックして安全な運転に役立てましょう。Trapsterの利用には専用のアカウントが必要です。初回起動... 完全な説明を見ます

賛成票

  • 交通違反の取り締まりやスピードカメラの設置されている箇所を地図上に表示してくれる
  • 交通事故発生場所、工事中の場所、事故の多い交差点、スクールゾーン、子どもがよく遊んでいる場所、路面が凍結している道など20種類以上の運転時に注意すべき場所を表示してくれる

反対票

  • 掲載されている情報はユーザーの投稿によるので、情報が最新ではなかったり正確ではない場合がある

良い
7

Trapster(トラップスター)は、交通違反の取り締まりを行っている場所やスピードカメラが設置されている箇所を地図上に表示してくれるアプリです。GPS機能による現在地周辺の地図とユーザーにより投稿された各種取り締まりポイントを手軽に確認できます。スクールゾーンや事故の多い交差点などの情報も表示されるので、慣れない道を運転する際にも大変参考になります。運転前にルート上の注意すべきポイントをチェックして安全な運転に役立てましょう。

Trapsterの利用には専用のアカウントが必要です。初回起動時にアプリ上でユーザー名やパスワード、メールアドレスなどを入力して仮登録を行います。入力したメールアドレスに確認番号(confirmation code)が記載されたメールが届き、その番号をアプリ上に入力すれば登録完了です。

Trapsterを起動すると地図が表示され、アイコンによる取り締まりやスピードカメラ設置箇所が確認できます。GPS機能をONにしておけば現在地を点滅して表示してくれるので、現在地周辺で運転上注意すべき場所が簡単に確認できます。

Trapsterで確認できるのは、警察による取り締まり場所やスピードカメラ設置場所などに加えて、交通事故発生場所、工事中の場所、事故の多い交差点、スクールゾーン、子どもがよく遊んでいる場所、路面が凍結している道など20種類以上です。すべてユーザーの投稿による情報です。Trapster運営スタッフにより確認された情報は赤、複数ユーザーにより投稿されたポイントは黄色、単一のユーザーにより投稿されたポイントは青と、アイコンの色で情報の信頼度が分かります。慣れない道を走る前には、安全運転の為に事前にこのアプリで交通情報を確認しておくとよいでしょう。

なお、運転中の携帯電話の使用は法律で禁止されています。Trapsterは運転開始前の下調べとして利用しましょう。また、アプリ上の情報はユーザーの投稿によるものです。情報が最新ではなかったり、正確ではない場合もあるので注意が必要です。

Trapsterは交通違反の取り締まりやスピードカメラの設置されている箇所、スクールゾーンや事故発生場所など、運転時に注意が必要な場所を地図上に表示してくれるアプリです。

Trapster

ダウンロード

Trapster 4.3.1

ユーザーレビュー

スポンサー×